チョーキング現象の特徴と簡単な確認方法

自宅の外壁にチョークのような白い粉を見つけたときは、チョーキング現象を疑うべきです。チョーキング現象は経年劣化などで古くなった外壁に出てくる現象であり、放置しておくとその部分から雨が入り込むようなリスクもあります。確認方法は簡単であり、自宅の周囲を見渡して外壁に白い粉がないのかを確認するだけでも大丈夫です。
チョーキング現象は塗料に含まれている顔料が、外壁の表面にチョークの粉のようになって出てきてしまうことが該当するので、以前に塗装した塗料の効果が切れてきていることを意味しています。外壁を軽く手で触って白い粉がついた場合は、次の外壁塗装の時期に差し掛かっていることになるので、早めに業者に連絡をするのが大切になります。大体の場合は白い粉ですが、外壁にカラーの塗料を使用している場合は、その色の粉が手についてもチョーキング現象になっていると考えて問題ないです。